耳に効く!蜂の子の力

蜂の子を使ったオススメレシピ

蜂の子は栄養価が高く、良質なタンパク源として古くから食べられてきました。
バターしょうゆ炒めや甘露煮にする事が多いですが、他にも様々な調理法があります。
蜂の子を使ったオススメレシピをご紹介しますので、ぜひお試しください。

1つ目は佃煮。
まず、油を熱したフライパンで蜂の子を表面がカリッとなるまで炒めます。
次に、いったん蜂の子を取り出し、はちみつ・しょうゆ・みりん・酒を入れてひと煮立ちさせます。
蜂の子を戻してさっと絡めれば出来上がり。
炒める時は蜂の子の形が崩れないように優しく扱ってください。
そのままはもちろん、ご飯にかけて食べてもおいしいです。

2つ目はへぼめし。
主に岐阜県で食べられている郷土料理です。
まず、蜂の子を軽く炒め、ごぼう・にんじん・しめじ・油揚げを食べやすい大きさに切ります。
お米を研いだら、顆粒だし・みりん・酒・しょうゆ・水・具材を入れて軽く混ぜます。
後は普通の炊き込みご飯と同じように炊飯して出来上がり。
蜂の子以外の具材は入れなくても構いません。

3つ目はスタミナ炒め。
まず、ちりめんじゃことごまをバターで炒めます。
次に、蜂の子・アスパラ・エリンギを加えてさらに炒め、塩としょうゆで味付けすれば出来上がり。
お酒のおつまみにもぴったりのレシピです。

蜂の子を食べる習慣がない地域の人々にとっては、見た目が少し気持ち悪いと感じてしまうかもしれません。
もっと手軽に摂取したいという場合は、サプリメントを利用するのもよいでしょう。