耳に効く!蜂の子の力

豊富な栄養成分で効果抜群

蜂の子はその名の通り、幼虫やさなぎをさしています。
地域によってはそのまま食べることもある伝統食材です。
日本でも長野県、岐阜県、愛知県を中心に伝統的な郷土料理として愛され続けています。

ただ、そのままの形で食することに抵抗のある方もあり、蜜蜂の幼虫やさなぎを粉など加工してカプセルに詰めた、いわゆる蜂の子サプリメントが耳鳴りや難聴など耳の疾患に効果があると、巷で話題となっています。

蜜蜂の幼虫には花粉やはちみつが与えられ、さなぎには、羽化する際の膨大なエネルギーを体内に秘めています。
羽化前の蜂の子に含まれるタンパク質の元となるアミノ酸には人間の体で作り出すことのできない必須アミノ酸8種類を含む、18種類がバランス良く含まれています。
その含有量はローヤルゼリーの3倍ともいわれています。

この中には、トリプトファンという、自律神経の調整を行う物質セロトニンを作り出すアミノ酸も含み、自律神経の不調による耳鳴りには効果が抜群です。
加えて聴力の改善に関連があるとされる、亜鉛やマグネシウム、カルシウムなどのミネラルも豊富です。
また、疲労回復に効果があるビタミンB群も多く、耳の疾患だけではなく全身の効能を期待できる完全栄養食であると言えます。

蜂の子のエキスをサプリメントで摂ることで、人類が作り出すことのできない自然のパワーを、まるごと摂取することができると言えるのです。