耳に効く!蜂の子の力

蜂の子とローヤルゼリーの違いは何?

蜂の子もローヤルゼリーも、古くから名前も知れて愛用されており、どちらも蜂に関係があります。
そのため詳しく調べてみると、似ている部分と似ていない部分があります。

もともと蜂の子は蜂の幼虫やさなぎのことをいいます。
主に、オスのアシナガバチやミツバチなどの幼虫やさなぎです。

ローヤルゼリーは、花の蜜や花粉などを集めてミツバチの体の中で生成されるもので、女王蜂だけが食べられるクリーム状の餌をいいます。

成分でいうと、どちらも必須アミノ酸を含むアミノ酸が豊富に含まれています。
この部分は、蜂の子もローヤルゼリーも似ているところです。

しかし、蜂の子にはビタミンCが含まれています。
また、オレイン酸やリノール酸などの脂肪酸も含まれています。

それと違ってローヤルゼリーには、特有な成分であるデセン酸や葉酸が含まれています。

そのため、効能も少し違ってきます。

同じ部分では、両方にストレスの緩和をしてくれる効果があったり、抗酸化作用があり免疫力を高めてくれることです。

蜂の子には、独特の成分が力を発揮して耳鳴りの改善や疲労回復に役立ってくれています。
それに比べてローヤルゼリーの効能は、ホルモンバランスの乱れを整えてくれたり美肌効果が期待できます。
また、肝機能を向上してくれるなどうれしい効果もあります。

このように、成分が似ているぶん効能も似ているところがあり、両方とも栄養価が高く健康にいいとされています。
そのため、どのような効果を得たいかによって、蜂の子かローヤルゼリーかを決めるといいです。